ペニス増大サプリのベクノールとバリテインの比較ですが、その効果に関しては甲乙つけがたい所があります。

 

いずれもペニス増大効果以外にも、勃起力のアップや滋養強壮など様々な効果が期待できます。

 

ベクノール

 

ベクノールの場合、成長ホルモンの分泌を促進するGHリリーザーという成分が含まれています。

 

ペニスを大きくするために欠かせない成長ホルモンは年齢とともに分泌が鈍くなります。GHリリーザーを外部から投入して成長ホルモンを増やし、ペニスのサイズアップを狙います。

 

またオクタコサノールと呼ばれる、天然植物の脂に含まれた成分も配合されています。こちらはスタミナ強化に効果の期待できる成分で、勃起力をアップし、中折れ防止にも効果が期待できます。

 

バリテイン

 

バリテインの魅力は、ペニス増大サプリの中でもトップクラスの成分配合量にあります。有効成分だけでも、実に115種類配合されています。

 

しかも滋養強壮効果の期待できる野草発酵エキスが86種類で合計201種類も含有しています。ちなみにベクノールの含有成分が25種類ですから、いかに多種多様な成分が含まれているか分かるでしょう。

 

しかもこれらの成分は生サプリと言って、成分をそのままカプセルの中に閉じ込めています。このため、新鮮な状態で成分を体内に取り込めるから、より高い効果が期待できます。

 

 

ベクノール vs バリテイン 価格比較

 

ペニス増大サプリを購入するにあたって、値段がどのくらいか気になる人は多いでしょう。バリテインは13800円でベクノールが13300円となっているので若干お買い得です。

 

しかし両者とも、公式サイトでまとめ買いをすると1箱あたりの単品価格がより安くなるというサービスを実施しています。こちらを利用すれば、手ごろな価格で購入することも十分可能です。

 

両方とも、国内の工場で製造されている所にも注目です。このため、安全性は高く安心して服用できます。日本人の体質に合わせて成分調整なども行っていますので、高い効果が期待できるわけです。